交通事故の被害者になると面倒??丸投げOKな自動車保険ってある?

人身事故後に交渉担当のスタッフ対応を任せられる保険を選ぼう

交通事故の被害者になってしまった場合には、怪我の程度を証明するために医師の診断を受けて書類を用意したり、相手方の保険会社とやりとりをしたりと面倒なことが多くあります。そうした対応に悩まないためには、人身事故後に交渉担当の専属のスタッフに一連のサポートを任せられる保険商品を選ぶのがおすすめです。大手の損保会社の中には、事故後の対応の丸投げがOKな商品についてホームページや加入希望者に向けたパンフレットなどで色々な事例を交えて紹介しているところが少なくありません。また、主に事故対応をするスタッフの教育に力を入れている損保会社も多くあります。そのため、いざという時の事態に冷静に対応をするうえで、日ごろからじっくりと各社の取り組みについて調べておくことが大事です。

治療費や慰謝料の交渉が長引くケースに備えて弁護士特約にも注目

人身事故の際の治療費や慰謝料をスムーズに請求するためには、相手方とコンタクトを取りながら様々な証拠を集めるのはもちろんのこと、法律上の専門知識が必要となることがあります。そこで、自分の怪我の程度に合った補償を受けるうえで、自動車保険の加入時に弁護士特約の有無や内容について調べてみるのもおすすめです。業界大手の損保会社の中には、手ごろな価格の弁護士特約を付けることで、事故対応の専門のスタッフだけでなく、民事事件に詳しい弁護士にアドバイスを聞けるところもあります。その他、特約を付けなくても保険会社の専属の弁護士と数回の相談ができるサービスもあるため、じっくりと加入先の候補を見つけることが重要です。