巻き込まれ事故!弁護士費用を負担してくれる自動車保険

自分に非がなくても思いがけないトラブルに

自動車を持っていると持っているだけで、またどれだけ運転技術が確かで安全運転を心掛けていても、思いがけないトラブルに巻き込まれることがあります。それはいわゆる「もらい事故」のときで、相手方に100%責任がある場合です。それでも相手方が誠実に対応してくれれば問題は起きないのですが、無謀な事故の被害者になると、往々にして補償交渉は難航するものです。

自動車保険は事故を起こしたときに、対人・対物などの補償金支払いをスムーズに行うのが主な目的です。ドライバーが各自で自分が起こした事故の補償をカバーし合えばよいのですが、皮肉なことに全くの被害者の立場になると、車両保険などを除けば、自分が加入している保険でその事故はカバーされません。保険会社のサポートなしに個人として加害者と向き合う必要が生じます。

示談交渉ができるのは本人か弁護士だけ

往々にして誠実さを欠く加害者側と一個人が示談交渉を行うのは非常に難しく、経済的にも精神的にも大きな負担です。法律上、示談交渉を代理して行うことができるのは弁護士だけですので、自動車保険では弁護士特約を追加することができます。弁護士への相談費用や、代理して弁護士に交渉をしてもらう費用を自動車保険でカバーしようというものです。

弁護士に依頼すること自体、敷居が高いと思われるかもしれませんが、自動車事故の被害額の算定自体は保険会社が詳しいですし、依頼すれば保険会社が弁護士を紹介してくれます。法律的に問題が起きないように示談をまとめ上げて、実際の補償金の受領までフォローしてもらえるので、弁護士を活用しない選択肢はあり得ません。弁護士特約の付帯はとても大事です。