交通事故で怪我をした!治療費が不安な人が加入しておきたい自動車保険

自動車保険のカバー範囲は賠償責任に限らない

自動車の任意保険の主な役割は、対人・対物の賠償責任をカバーすることです。人身事故を起こせば刑事責任すら問われる可能性もあり、運転者は厳しい状況に立たされますが、保険金が出れば被害者に金銭的補償が行えます。一方で、運転中の事故で自分が負ったケガの医療費などの保障はそれ以外の保険でも大丈夫なのですが、自動車保険でしっかり備えておけば安心です。

ケガの保障には様々なパターンがあり、仕事の際のケガなどをカバーする公的保険が労災保険です。仕事以外の、一般のケガや病気のときには自分が加入している健康保険を使います。しかしそこに上乗せして保障を行う任意の医療保険が売れているように、健康保険だけでは十分な保障が得られない場合もあります。自動車事故ではどうしてもケガの程度も重くなりがちですし、同乗者のケガをカバーする機能も必要です。だから自動車保険の中で、ケガに対する保障を契約しておく必要があります。

他の保険契約と重複していないか要チェック

交通事故の相手方の責任で、つまり先方の保険の対人賠償としてケガの治療を受ける場合は別として、自動車保険では「人身傷害保険」あるいは「搭乗者傷害保険」と呼ばれる種類の契約が、事故のときに自分のケガを保障してくれます。「搭乗者傷害保険」では、そのクルマでの事故に限らず、バスやタクシーなど別の乗り物に乗っていたり、歩行者として遭遇した事故のケガまでカバーしてくれます。

一方で、職場や学校などで募集されている傷害保険には、交通事故のケガを保障するタイプの特約が含まれている場合があります。損害保険では、原則として実際に発生した損害額以上の保険金は受け取れませんので、同じリスクを複数の保険契約でカバーしても保険料が余計にかかるだけです。どの保険で何をカバーしているか、よく確かめて契約することが大事です。